ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

有機溶剤

2008-10-24

 有機溶剤とは水に溶けない揮発性があり、物質を溶かす化合物の総称であり、塗料製品のシンナーやラッカー、ボンド等のがそれにあたります。
 これらの有機溶剤を本来の目的以外である吸入(一般的にあんパンと言われている)に使用すると酩酊感や興奮がおこります。また、恒常的な摂取は脳を侵し、失明や難聴などの障害を一生残し、精神の異常まできたします。
なぜ有機溶媒を吸うことをあんパンと言うかと言うと、有機溶剤をしみこませたティッシュやガーゼを袋に入れて吸う姿があんパンを食べている姿に似ているからそのように呼ばれるようになりました。
 吸引を目的とした青少年の犯罪が問題になり「毒物劇物取締法」第三条の三・第四条の三 により吸引目的の所持・販売が禁止されてはいます。
これらの有機溶剤は言葉の通りものを溶かす効果があるものです。吸入により何が解けるかと言うと、歯と脳が溶けます。
吸入により溶けた歯や脳は再生しないので、長期吸入でとんでもない傷害が残ります。
「毒物劇物取締法」
(禁止規定)
第三条の三  興奮、幻覚又は麻酔の作用を有する毒物又は劇物(これらを含有する物を含む。)であつて政令で定めるものは、みだりに摂取し、若しくは吸入し、又はこれらの目的で所持してはならない。
(販売品目の制限)
第四条の三  農業用品目販売業の登録を受けた者は、農業上必要な毒物又は劇物であつて厚生労働省令で定めるもの以外の毒物又は劇物を販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、運搬し、若しくは陳列してはならない。
2  特定品目販売業の登録を受けた者は、厚生労働省令で定める毒物又は劇物以外の毒物又は劇物を販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、運搬し、若しくは陳列してはならない。

マジックマッシュルーム

2007-12-01

 幻覚作用などを求めてマジックマッシュルームと呼ばれるキノコを使ったため、中毒や事故が起き、なかには、死亡した例もあり、乱用することが問題となり、平成14年6月6日から、「麻薬、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令」が改正され、麻薬として規制されました。
これらのキノコの所持、販売、栽培などは違法となります
 
 御 名  御 璽
 
平成十四年五月七日
内閣総理大臣 小泉純一郎 
 
政令 第百六十九号
麻薬、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令の一部を改正する政令
内閣は、麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年法律第十四号)別表第二第四号の規定に基づき、この政令を制定する。
麻薬、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令(平成二年政令第二百三十八号)の一部を次のように改正する。
題名を次のように改める。
麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令
第三条を第四条とし、第二条を第三条とし、第一条の次に次の一条を加える。
(麻薬原料植物)
第二条 法別表第二第四号の規定に基づき、次に掲げる植物を麻薬原料植物に指定する。
一 三-〔(二-ジメチルアミノ)エチル〕-インドール-四-イルリン酸エステル(別名サイロシビン)及びその塩類を含有するきのこ類(厚生労働大臣が指定するものを除く。)
二 三-〔二-(ジメチルアミノ)エチル〕-インドール-四-オール(別名サイロシン)及びその塩類を含有するきのこ類(厚生労働大臣が指定するものを除く。)
附 則
この政令は、公布の日から起算して三十日を経過した日から施行する。
厚生労働大臣 坂口  力 
内閣総理大臣 小泉純一郎 
                                       厚生労働省

乱用される薬物

2007-10-30

 現在乱用される多くの薬物は、中枢神経系を興奮させたり抑制したりして、不安の除去、多幸感、壮快感、幻覚などをもたらす働きがあります。簡単に言えば人の心に影響を与える作用を持っています。
病院で使われる処方薬も使い方を間違えれば、一般に言われるドラッグと同じように人の心に影響を及ぼします。
 これらの薬物で問題となるのは、連用することにで依存というものが出てくると言うことです。1回の使用で依存になるとはいえませんが、薬物の快楽を一度覚えるとそこから逃げ出すことはかなりの困難があります。
 乱用が流行して社会的に問題になる薬物は、乱用薬物といわれ、乱用薬物は百数十種類もありますが、ICD-10(疾病及び関連保健問題の国際統計分類は世界保健機関が作成した分類で、ICDと略します。その最新版が、ICD-10 です。)に基づき日本で使用する精神作用物質の区分は次の通りです。る。
アヘン類:ヘロイン、塩酸モルヒネ
大麻類:マリファナ、ハシッシュ
鎮静剤または催眠剤
コカイン
カフェイン
アンフェタミン、その他の興奮剤
幻覚剤:LSD、メスカリン、MDMA
揮発性溶剤:トルエン、及び その他の精神作用物質
2C-B

薬物乱用とは

2007-09-17

 医薬品でない薬や国内での使用が法律で認められていない薬を不正に使用したり、医薬品を本来の医療目的から脱した用量で使用したりすることをいいます。
 もともと医療目的の薬物は、病気の治療のために使われるもので、それを快楽を求めるために使用することを薬物乱用と言います。
 あとで述べますが、乱用することにより人は心を奪われ、乱用を繰り返すことで人としての生活を奪われてしまいます。薬物を乱用した人の多くは刑務所・精神病院・死の道しか残されていません。

ドラッグとは

2007-08-16

 薬物(drug)のことです。
 自然界の物質や、化学的に作られた物で、ヒトや動物に投与したときに、何らかの生理的な作用を及ぼすものです。疾病の治療、予防、診断といった医療の用途に使用されるものは、医療用医薬品(メディスンMedicine)と呼ばれ、ドラッグとは呼びません。
 ドラッグはその薬物を使用することで危険な依存性をもたらす麻薬、アヘン、マリファナ、覚醒剤、MDMA、ヘロインなどの依存性薬物のことを指すことが多い。

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ