ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

闇の世界

2010-07-14

 今朝のニュースで飛び込んできました。
『築地市場で覚せい剤や大麻売買、運送会社員ら
7月14日3時9分配信 読売新聞
 警視庁渋谷署が、築地市場(東京都中央区)で働く運送会社員ら7人を、覚せい剤取締法違反(所持、譲渡など)や大麻取締法違反(所持、譲渡)の容疑で逮捕していたことがわかった。
 仲間同士、市場内で覚せい剤や大麻をやり取りしたこともあったという。
 同署幹部によると、逮捕されたのは、築地市場内で魚を運搬する運送会社の社員や元社員、アルバイトのほか、市場関係者が利用する市場近くのガソリンスタンド従業員ら20~40歳代の男7人。逮捕は今年1~6月で、7人のうち6人はすでに起訴されている。
 7人は今年1~6月、都内の自宅などで覚せい剤や大麻を所持したり、譲り渡したりするなどしたとされる。7人のうち数人は同署の調べに、市場内でも覚せい剤を使用していたことも認めているという。また、「覚せい剤を使うと、深夜や早朝の作業の疲れが取れた」などと供述しているという。
 同署は、7人のうちの一部が入手した覚せい剤や大麻が仲間内で広まったとみて入手経路を捜査している。
 築地市場は最近、外国人観光客に人気で、4月上旬にはマグロの競り売り場に1日に500人以上が殺到し、5月10日以降は1日最大140人の受け入れ制限を実施している。』
集団の一人に薬物がはいると、面で広がる感染症を引き起こしてしまいます。「みんなやっているから」
先日も中学校で薬物の怖さの講演をしてきたのですが、地方では大きな問題が無くても、やはり中央ではこの薬物問題は日常茶飯事なんですね。
大人は自分の責任で後始末をすればいいのでしょうが、それが子供達に飛び火しないよう啓蒙等努力していきたいです。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ