ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

昨日の関連ニュース

2010-06-26

 昨日(2010年6月25日)に『精神薬の大量服用で救急出動倍増』という記事を載せましたが、それに関連する記事が載っていたので掲載します。
『向精神薬の処方に注意喚起 厚労省「自殺につながる」
2010年6月25日 提供:共同通信社
 抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など「向精神薬」の飲みすぎが自殺につながっている可能性があるとして、厚生労働省は24日、日本医師会や精神科病院の団体などに対し、自殺の危険性がある患者には長期、多量に処方しないよう呼び掛ける通知を出した。
 年間の自殺者が3万人を超える中「自殺の恐れがないか判断し、投与の日数や量に注意する必要がある」としている。
 厚労省研究班が今年3月にまとめた、76例を対象とした調査によると、自殺前の1年間に精神科や心療内科の受診歴があった人のうち57・8%が、自殺の際に、治療目的で処方された向精神薬を大量に飲んでいた。
 同省の担当者は「精神科医は患者に漫然と薬を出さず、自殺の危険性があると判断した場合は薬を小分けにして処方するなどの対策を取ってほしい」としている。』
自殺をしようとODをする方はたとえ少量の処方をされても、薬をためてから行うもの。
やはり根本的になぜODをしなければいけない状況になるのか、その根っこを見つける事が大事のように感じます。
薬を小出しにするなんて、制限しても結果はあまり変わらないように感じます。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ