ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

カプサイシンによる嚥下促進

2011-02-27

在宅を行っていて、本当にどうにかしてあげたいのが嚥下障害による誤嚥性肺炎です。
人が人らしく生きるために口からものを食べると言うことは、本当に重要なことだと思いますが、その食べる行為で、病気になるのはとても哀しいことだと思います。
色々調べたら、カプサイシンが嚥下障害に効果があると言うことが判りました。
ネットでも下記のようなことが書かれていました。
『カプサイシンはサブスタンスPを大量に放出させる最も強力な成分であると考えられている。
嚥下反射を正常化させるカプサイシン濃度は、健常者が辛味を感じるか感じないか程度である。カプサイシンは唐辛子や黒胡椒に含まれるアルカロイドであり、アルコールにより抽出される。唐辛子や黒胡椒をアルコールに漬け込み、その抽出液をアロマとして利用し、嚥下反射や咳反射を誘発させることも可能である。また、近年、カプサイシン入りのトローチが発売されており、食前に摂取することで誤嚥予防になると考えられている。Ebiharaらにより、このトローチの連続摂取による副作用(カプサイシン耐性)は生じないことが示されている。』
これを元に、どのようなことが出来るかを考えてみたいと思います。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ