ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

ヘルペス性口内炎

2010-07-09

私は疲れてきたり、寝不足になると、下唇の内側に水疱が出来てきます。
丁度歯が当たるところなので、噛んでつぶしてしまい口内炎が出来てきます。
私は”つかれているんだろう”と思っていたら、かかりつけの歯科医師の先生から「ヘルペス性口内炎だよ」と軽く言われてしました。
原因となるヘルペスウィルスは子供の時に感染して、体調が悪くなり免疫力が落ちると再燃します。
単純ヘルペスウイルスには1型と2型の、少なくとも2つのタイプがあり、単純ヘルペスウイルス2型にかかると、1型よりも重症になる傾向があるそうです。
大人になってから初めて単純ヘルペスに感染すると子供がかかる時よりも重症になり、歯肉などの口のさまざまな部分に痛みを伴う複数の潰瘍が急速に現れます。これは大人の免疫が確立したためと言われています。
治療は抗ウイルス剤の外用がファーストチョイスで、ひどい場合は抗ウイルス剤の内服を用います。
私は破れた水疱が潰瘍になりかけています。抗ウイルス薬の内服を開始しました。
先発品は高いので、ジェネリックで服用しています。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ