ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

手足口病 Ⅱ

2010-06-10

手足口病は、ウイルス感染なので、他の人にうつる可能性はあります。症状が改善した後も鼻汁からは2週間程度、便からは約1ヶ月もウイルスを排出し続けるので正直隔離をしても意味がありません。
そのことから、発疹がひどいとか発熱があるとか以外では休ませる必要はないと思います。
ただ、鉄棒や雲底やプールなどは水疱が破れることで細菌感染を起こす可能性があるので、発疹が出ている間は中止するのが無難です。
手足口病を起こすウイルスは数種類あり、現在予防接種はありません。
何度もかかる可能性がありますが、同じ種類のウイルスによる感染は無いといわれています。
大人にも当然感染することはあります。大人は子供に比べて免疫ができあがっている分、症状は子供よりひどく出るようです。
周りで手足口病の感染者がいたら、周りの人も感染予防のため手洗い・うがいを実施しましょう。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ