ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

百日咳

2010-06-17

百日咳は、百日咳菌という細菌に飛沫感染か接触感染して起こる呼吸器感染症で、特有のけいれん性の咳発作(痙咳発作)が特徴です。百日咳の潜伏期は、通常7~10日です。
 小さい子供では、咳に続いて嘔吐や無呼吸発作が生じ、重症化することがあります。1歳以下の乳児、特に生後6 カ月以下では死に至る危険性が高くなります。
 成人では、咳は長く続きますが、小児に比べて症状は軽いようです。最近成人の百日咳が多くみられているので咳症状がなかなかとれなかったら医療機関を受診して下さい。
 
 症状は、3つのステップに分けられます。
カタル期(約2週間):感染から約1週間の潜伏期間後、風邪症状が続き、だんだん咳が強くなります。
痙咳期(約2~3週間):次第に咳がひどくなり、痙攣性の咳が出るようになります。息を吸う時に笛を吹くような音がすることもあります。嘔吐を催すこともあります。熱はあっても微熱程度です。
回復期(2~3週間):激しいは段々落ちついてきますが、時に激しい咳が出ることがあります。
完全に良くなるまで2~3ヶ月かかることがあります。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ