ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

ジェネリック医薬品にすると安くなるの?

2008-03-18

 ジェネリック医薬品に変更することで支払額は安くなります。
 風邪をひいたりして薬をもらっても、数日で治ってしまう場合は、薬代はあまり気になりません。でも、慢性疾患では、薬を飲みつづけなければならないため、薬代の差額は大きくなります。また、何種類もの薬を飲んでいる場合、その差はさらに広がります。
しかし医薬品には薬価というものが定められているため、その錠数分の差額の1~3割分が安くなると考えてください。
簡単に言えば薬価の差が大きいほど安くなります。逆の言い方をすれば薬価差のあまりないものはジェネリックに変更しても、支払額にそれほど変化がありません。
 これらの変更に伴う支払額の差についても、かかりつけ薬局の薬剤師の先生に相談されてみてはどうでしょうか?

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ