ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

大人が注意してあげて

2012-12-30

今年も誤飲のニュースが上がりました。
大人にとって大事な薬でも、子供から見たら赤・黄・緑・オレンジ・の錠剤や口腔崩壊錠は
お菓子と同じに見えてしまいます。
間違って服用することで、大事な命が危険にさらされてしまいます。
子供達の前で薬を飲まないとか、手の届かないところに置くとか
大人が注意して下さい。
『薬25錠誤飲、兄と妹入院 家庭での事故に注意を
共同通信社 12月28日(金) 配信
 厚生労働省は27日、子どもがたばこや薬などを誤って飲み込む事故が、2011年度に5都県の7病院から計348件報告されたと発表した。中には3歳の兄と2歳の妹が薬を計25錠飲み、意識がもうろうとした状態となって入院した事例もあった。同省は「甘くて口の中ですぐ溶ける薬は、お菓子と間違えて大量に誤飲しやすいので注意が必要」としている。
 厚労省によると、死亡例はなかったが、入院が32件あった。
 誤飲で最も多いのはたばこで105件。医薬品などの73件が続いた。ほかはプラスチック製品32件、玩具22件、金属製品22件、硬貨15件など。
 具体例では母親が消毒剤を溶かして哺乳瓶に入れた後、そのまま生後5カ月の男児に飲ませてしまったり、父親が仕事用に保管していたペットボトル入りのシンナーを2歳男児が飲んだりした。
 子どもの誤飲とは別に家庭での事故として、塩素系洗剤と酸性物質を混ぜて発生した有毒ガスを吸い、健康被害が出た事例が日本中毒情報センターから14件報告された。お酢を使ってドアのサッシを拭いた後、塩素系洗剤を吹き付けてしまったケースなどで、同省は「大掃除の時期だけに気を付けて」と呼び掛けている。』

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ