ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

福岡の山林に大量の大麻草、組織的に栽培か

2009-07-20

今日の読売新聞に「福岡県福津市の山林で大量の大麻草が栽培されているのが見つかり、同県警粕屋署などが、栽培にかかわったとみられる40歳代の男を大麻取締法違反容疑で逮捕していたことが分かった。山林は幅約10メートル、長さ約20メートルにわたって伐採され、畑として整地されていた。数十本の大麻草が等間隔で植えられており、60~70センチの高さに成長していたという。県警は今月中旬、男を逮捕し、畑の大麻草を根こそぎ掘り出し、押収した。大麻草の葉などを乾燥させた乾燥大麻の末端価格は1グラム当たり約4000円で、成長した約2メートルの大麻草1本から約200グラムの乾燥大麻が取れるという。」
大麻は大麻取締法で規制されており、その種子以外のものを所持すると法で罰せられます。種子もそのままならば取り締まられませんが、栽培した時点で罰せられます。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ