ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

トローチの使い方

2011-01-10

 トローチは、口の中でなめて、徐々に溶かすことによって、口やのどの細菌を殺したり増殖を防いだりする目的で使用します。
トローチはゆっくり溶けるように他の錠剤より固めに作ってあります。
口の中でゆっくりと溶かして下さい。かみ砕いたり、飲み込んだりせず、できるだけ長く口の中に含んで溶かして下さい。
トローチが口の中で全部溶けてから20~30分くらいは、お茶を飲んだり、食物を食べたりしないで下さい。喉に着いた薬成分が流れてしまいます。
使い方とは関係ないけど・・・・。
トローチの穴
穴の開いていないトローチ剤もあるのですが、製品の多くには穴が開いています。
トロ-チと言う言葉はギリシャ語のトロストコが語源とされています。こ
のトロストコは小さな車輪をと言う意味があります。その名のとおりトローチ剤には
車輪のように真ん中に穴が開いています。
しかし、トローチ剤は最初から車輪のように穴が開いていたわけではありません。ふつうの錠剤よりも大きめなので子供の喉に引っかかりやすく、子供がトローチを喉に詰まらせて窒息死するという事故が相次いで起こりました。
そのため、トローチに穴を開ければ空気が通って窒息死を防ぐことできるという理由から現在の穴の開いたトローチになりました。この穴を開けたトローチが普及することで、子供が喉に詰まらせて窒息死する事故は減少していきました。
それでは明治製菓が発売しているSPトローチ
薬物は塩化デカリニウムで、どう考えてもSPとは関係ありません。
SPは剤型から名付けられたといわれています。
SPトローチは上記で述べたような車輪のようなトローチで。
トローチを重ね合わせていくと”ちくわ状”の形状となります。
これが”糸巻き”に似ているため、「糸巻き=Spool」から「SP」をとって名称につけたものだそうです。
まあ、トローチの使い方とは全く関係ないことも書きましたが、話のネタに使ってみて下さい。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ