ななしま薬局・そよかぜ薬局|長崎県長崎市・長与町

ななしま薬局・そよかぜ薬局|オフィシャルサイト

ハッピーマンデー

2008-07-21

医師より居宅療養管理指導依頼ありました。
依頼理由としてデイサービス利用時、スタッフが自宅まで迎えに行った際、薬が残っているのをたまたま見つけ医師に報告してくれたのがきっかけです。
当時のコンプライアンスの確認はとれていませんが、認知症で一人暮らしのため管理が厳しいと考えられたため、そのコンプライアンスの向上を目的として在宅開始となりました。
以前一度訪問したことがあり、本心として訪問するのは少し気が引けていたのですが、仕事なので訪問することに決めました。患者さんは長崎のはずれの山奥に一人暮らしをしており、自宅は決して綺麗とは言える状態ではありませんでしたが、以前の家庭環境とは天と地の状態でした。
昔の家庭環境はひどく、部屋中に悪臭が漂っており、部屋をウジがはい回っている状態でした。今だにネズミなどは走り回っていますが・・・・。
医師・ケアマネージャー・訪問ヘルパーステーションの関係者と話し、現時点での患者一人での服薬はほぼ不可能に近い状態であり、完全目視下での服薬が必要ではないかという結論に至りました。
患者の週間スケジュールは月・木・金曜日デイサービス利用。水・土曜日ヘルパー訪問
私が火曜日に訪問をすれば、月曜~土曜までは確実に服薬させることができます。
日曜日は人員的に訪問する人がおらず、とりあえずこの状態から始めてみることになりました。
スタッフが協力し合いコンプライアンスは問題なく行われており、症状も落ち着きました。
現在は介護度の変更に伴うサービスが変更となり、私の訪問は毎週曜日となりました。
2000年試行のハッピーマンデー制度により、月曜日の祝日が多くなりましたが在宅を行う上で、休日に関係なく訪問・服薬をさせていいます。
今日も海の日で世間的には休みだったのですが、私は朝8時にいつものように山のなかにいました。

その他の人気記事

スタッフ募集
お問い合わせフォーム

アーカイブ